フコイダンとフコキサンチンの通販TOP > 商品のご説明 > フコイダンMgS+のご説明 > 【フコイダンMgS+のご説明】世界で初めて発見された新成分、マグジサリシレートR

世界で初めて発見された新成分、マグジサリシレート®

マグジサリシレート®は、大石一二三博士、谷久典博士、服部隆史博士の3名を中心とした研究グループによって発見されたもので、褐藻類1kgの乾燥重量に対して、1g~2g弱しか採れない貴重な成分です。
発見当初は、モズクから抽出されたことから、CCKsと呼んでいました。*1
その後、原料となる褐藻類と構造上の特徴からFucosalicylate(フコサリシレィト)と正式に名付けることとなりました。
フコサリシレィトの研究を進める中、原料となる褐藻類によって異なる特徴をもつ事が判明したのです。
様々な試験を重ねたところ、中でもチリ産の大型コンブであるダービリア・アンタークティカ(学名Durvillaea antarctica)を原料として抽出したフコサリシレィトは、高いレベルでバランスが取れたものでした。
このことから、ダービリア・アンタークティカより抽出したフコサリシレィトを、特別にマグジサリシレート®と名付けてご案内することとなったのです。*2

マグジサリシレート®の高い安全性

マグジサリシレート®は競走馬のケアに使われる外用剤にも配合されています。
競走馬のケアは薬物検査などにも影響する為非常にデリケートなのですが、マグジサリシレート®の高い安全性ゆえに選ばれたと言えるでしょう。

*1 モズクに含まれる、ある成分と言う意味で、原料となったモズクの学名であるCladosiphon novae-Caledoniae Kylinの頭文字にsをつけて呼んでいました。
*2 マグネシウム(Magnesium)、2つ(di)、サリチル基(Salicylate)を併せて、マグジサリシレートR(Magdisalicylate)と名づけました。

「フコイダンMgS+」の詳細
フコイダンMgS+
原材料名 フコイダン、コエンザイムQ10、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12
120カプセル 18,000円 38.4g (0.32g[内容物0.25g、被包材0.07g]×120カプセル)
180カプセル 27,000円 57.6g (0.32g[内容物0.25g、被包材0.07g]×180カプセル)
フコイダン含有量 70%以上 試験方法:
 イオン交換クロマトグラフィー法
 ≫製品規格書はこちら
マグジサリシレートR含有量 20% 試験方法:
 ゲル透過クロマトグラフィー法により測定
 ≫製品規格書はこちら


よくわかるフコイダン入門
0

お知らせ

  • お知らせはございません。