フコイダンとフコキサンチンの通販TOP > 商品のご説明 > フコイダンの基準と当社の考え方

フコイダンの基準と当社の考え方

フコイダンについてどれだけの事をご存じですか?

何かを購入しようと考えたとき、みなさんはどのような基準でお決めになっていますか?
食料品や衣類などの日用品から、自動車やマンションなどの高額商品にいたるまで、それぞれの商品には解りやすい説明とともに、メーカー・価格・デザイン・利便性・性能など、購入を手助けするたくさんの選択肢が、販売会社により用意されています。

食品であれば新鮮さや産地、味や品種、最近では知名度なども含め、やはり選択肢が豊富です。
そこで質問です。
「みなさんはフコイダンをどんな基準でお選びになりますか?」
「また、フコイダンについてどれだけの事をご存じですか?」

この国では健康食品やサプリメントに「基準」は存在しません。

少し考えるだけで数多くの健康食品やサプリメントが思い浮かぶことと思います。実際に使われたことがある方も沢山おられることでしょう。

その時に、どんな理由で購入されましたか?
知人から勧められたから、テレビやラジオでいいと言っていたから、パンフレット等を読んで良いものだと思ったから。
様々な理由があるでしょうが、ほとんどの方はしっかり比べることは出来てないのではないでしょうか。

販売会社に確認した時に「薬事法によりご説明できません」と言われたことはありませんか?
薬事法は遵守しなくてはなりませんので、基準となる効果・効能を謳うことはできません。
しかし、その薬事法のおかげで、販売業者には説明責任が無く、なおさら「基準」自体が解りにくくなっています。

この頁では、フコイダンについての現実と、皆さんがフコイダンの購入を考えたとき、どの様なことに注意すべきかを明確に記しています。
ぜひ参考にしてください。

フコイダンの含有量

どのような健康食品やサプリメントを選ぶ場合であっても、目的となる成分がどれくらい入っているかを消費者が確認するのは当たり前のことです。
しかし、この当たり前のことを表示していない製品が未だに存在します。

詳しくはこちら

添加物について

当社の製品はすべて、業界では極めて少数の『完全無添加製品』で、旧表示指定成分
(アレルギーを起こす可能性のある102種類の原料+香料)はもちろん、
それ以外の着色料・香料・防腐剤・品質安定剤を一切使用しておりません。

詳しくはこちら

配合物について

当社のフコイダンやフコキサンチン製品には、主成分であるフコイダンやフコキサンチン以外にも成分が配合されています。市販されている健康食品を構成するものは主成分とその他の配合物です。その多くはビタミン類や必須アミノ酸と言ったところでしょうか。

詳しくはこちら

私たちの製品には明確なエビデンス(科学的根拠)がございます。 だからこそ、私たちは、フコイダンを必要としている方々への アカウンタビリティー(説明責任)を実践しています。

嘘偽りのない正しい情報を公開することで、皆様がフコイダンの購入を考えたときの基準となれば、劣悪商品被害を未然に防ぎ、本当に価値ある製品に出会うことが出来ると考えております。
そうなれば当社、研究所共々、心から幸甚に思います。

「フコイダンMgS+」の詳細
フコイダンMgS+
原材料名 フコイダン、コエンザイムQ10、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12
120カプセル 18,000円 38.4g (0.32g[内容物0.25g、被包材0.07g]×120カプセル)
180カプセル 27,000円 57.6g (0.32g[内容物0.25g、被包材0.07g]×180カプセル)
フコイダン含有量 70%以上 試験方法:
イオン交換クロマトグラフィー法
≫製品規格書はこちら
マグジサリシレートR含有量 20% 試験方法:
ゲル透過クロマトグラフィー法により測定
≫製品規格書はこちら


よくわかるフコイダン入門
0

お知らせ

  • お知らせはございません。