フコイダンとフコキサンチンの通販TOP > 大石先生の記事 > リキッドバイオプシー適用拡大の臨床試験開始【NEWS】

リキッドバイオプシー適用拡大の臨床試験開始【NEWS】

先の記事では、国立がんセンターが肺がんの検査にリキッドバイオプシーを導入したことをお伝えしました。
導入された検査手法では、2週間で73種類の遺伝子異常を検出できます。
これは、肺がん以外にも多くのがんの検査に使えるということを意味します。

今回の臨床試験では、抗EGFR抗体薬による治療を過去に行った大腸がんの患者さん約200名を対象に、2018年2月より臨床試験を行います。
その後、全消化器がん*患者さん約2000名を対象に試験の枠を広げることとなります。

この検査で、特定の遺伝子パターンが見つかった人には、遺伝子パターンに合わせた治療はもちろん、臨床試験の登録にも繋がることとなります。

今回の臨床試験は、当初は国立がん研究センターにて行われますが、徐々に連携の医療機関に広げてゆく予定とのこと。

問い合わせ先は以下の通りとなっておりますので、気になる方はメールをして見られてはいかがでしょうか。

国立研究開発法人国立がん研究センター(柏キャンパス)
SCRUM-Japan事務局
メールアドレス:scrum_office@east.ncc.go.jp

注記・参考文献

*消化器がんとは、「胃がん」「食道がん」「肝細胞がん」「胆道がん」「膵臓がん」「神経内分泌腫瘍」「GIST」などが挙げられます。

**SCRUM-Japan GI-SCREEN、73種の遺伝子異常を血液で解析 リキッドバイオプシーを用いた個別化医療の実現を目指す(国立がん研究センターより)
https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2018/0313/index.html


よくわかるフコイダン入門
0

お知らせ

  • お知らせはございません。