フコイダンとフコキサンチンの通販TOP > 大石先生の記事 > 皮ふに関する副作用とそのケア

皮ふに関する副作用とそのケア

抗がん剤の副作用には様々なものがありますが、皮ふに関する副作用は大きな悩みのひとつです。
症状がもたらす痒みや痛みも然ることながら、外見の変化が心に影を落とすことは珍しくありません。

どんな副作用にも共通して言えるのは、抗がん剤を止めることこそが最上の対処方法なのですが、なかなかそういうわけに行かないというのが現状です。

皮ふに関する副作用

 皮ふに関する副作用には、「皮膚炎」「発疹」「皮膚の乾燥」「爪の周囲の炎症」「爪が割れる」といったものが挙げられます。

原因を見つめた対処方法

フローズングローブやフローズンソックスを使う。
薬の種類によって副作用のメカニズムは異なりますが、共通するのは抗がん剤が皮ふに悪影響を及ぼしているということです。

そこで考えられる対処方法が、フローズングローブやフローズンソックスと呼ばれるものです。
これは、抗がん剤投与中に手や足を冷やし続けることで、末端まで抗がん剤が届かなくするという方法です。多くの方に効果が見られますし、治療に影響をあたえることがありません。

難点は、冷やしている間、手足が非常に痛いということです。また、冷やせる部分が、頭、手、足と限られている点も難点でしょう。

皮ふのケアをすることで対処する

これから紹介する内容は、起こってしまった副作用が少しでも軽くなる、または早く良くなることを目的としたものです。

保湿と洗浄によるケア

保湿や洗浄は、皮ふの健康に最も大きな効果をもたらすケアです。皮ふは毎日入れ替わっていますが、入れ替わった皮ふが不健康なものであれば、なかなか良くならないということになります。

皮ふに適度な水分が確保されていれば、入れ替わった皮ふが健康的になりやすくなりますし、余計な細菌が少ないほうが健康的です。

保湿や抗菌に最も効果を表すのが、皮脂を落としすぎない生活習慣です。皮ふの表面は常に皮脂で覆われています。多すぎればベタベタしたり化粧のノリが悪かったりと言うことになりますが、少なすぎると確実にカサカサした乾燥肌になりますし、病原菌が直接肌に触れてしまいます。
また、皮脂が不足したところに化粧水を塗り込んでもあまり意味がありません。

肌の健康を回復する(または、保つ)為には
1.決して肌を洗いすぎないこと。
  まずは肌に優しい洗浄剤を選びましょう。その次は、ナイロンタオルなどを使わずに、例えば手ぬぐいや、フェイスタオルのようなもので洗いましょう。手だけで洗うのもありです。
  とにかく優しく洗って下さい。

2.お風呂上がりや手洗いなど、水分はこまめに拭き取りましょう。
  肌の潤いは水分が元となっていますが、これは体の表面についた水分のことではありません。
  肌に水分を付けたままにしていると、水分が蒸発する際にからだの水分を一緒に持っていってしまいます。
  このため、こまめに拭き取ることが大事なのです。
   
  しっかり拭くことが大事ですが、ゴシゴシと拭くと刺激が強すぎて皮ふに良くありません。
  やさしく、押さえるように拭いて下さい。

掻かないこと(触らない)

肌のトラブルはどうしても刺激を伴うことが多いものです。染みたり、痛みがあったり、痒かったりします。

・かゆみを伴う場合:
 かゆみ止めを処方してもらうか、薬局でかゆみ止めを購入して対処します。
 かゆみがある場合に掻くと、もっとかゆくなります。これは、医学的な根拠もある話です。
 冷やしてみるのも手です。これもかゆみが楽になります。

・痛みや染みを伴う場合:
 多くは皮膚の状態が悪化していますから、病院で処置をしてもらうのが一番です。
 かゆみと同じく、患部を触ってはいけません。
 石鹸を使って洗うのは問題ありませんが、染みるようでしたら温水で洗うか、生理食塩水を温めて使う方法があります。

爪の保護

爪は皮ふが硬くなったものです。しかし、通常のスキンケアでは効果がありません。冒頭で説明したフローズングローブを使う予防方法が効果的です。

・マニキュアを使う:
 割れてしまったり、黒ずんだりした場合にはマニキュアを塗ることで対処できます。
 色をぬることで黒ずみは見えなくなりますし、割れやすくなった爪を強化することが出来ます。

・瞬間接着剤を使う:
 割れてしまった場合には、瞬間接着剤を使うのも有効です。割れた場所によっては傷ついた皮ふに接着剤が触れないように、隙間が出ないように押さえつつ塗るなどの方法が必要です。

ご存知のこともあろうかと思いますが、参考にしてみてください。


よくわかるフコイダン入門
0

お知らせ

  • お知らせはございません。