健康に役立つと評判のフコイダンとは何か?
フコイダンとフコキサンチンの通販TOP > よくわかるフコイダン入門 > 夏の紫外線は危険度MAX!紫外線×お肌の全てを教えます!

夏の紫外線は危険度MAX!紫外線×お肌の全てを教えます!

最終更新日:2017年07月26日

01

夏は、夏らしく少し焼けた肌になりたいと、日焼けを気にせず肌を露出したステキな服や水着を着る人が増えていきます。一方、肌を白く保つために絶対に日焼けをしないという人もおられるでしょう。

ですが、どんな人でも絶対に忘れてはいけないのが紫外線対策です。ここでは、夏に気をつけたい紫外線についてのナゼと、これを読めばもう大丈夫!という対策までをギュッと詰め込んで紹介していきたいと思います。

そもそも紫外線ってなに?

紫外線は肌にとってあまり良いものではない…という知識は周りから得ているあるものの、結局のところ紫外線ってなに?と思っている人は少なくありません。ここで紫外線について簡単に説明しましょう。

紫外線は、太陽から発せられる光の1つです。紫外線の中には、オゾン層などの大気層で吸収されて地表には届かないUVCと、大気層で吸収されるけれど一部は地表にまで届くUVB、そして大気層や雲なども通り地表にまで届くUVAとがあります。

つまり、私達が特に気をつけたい紫外線とはUVBとUVA。この2種類は、地表に届くだけではなく肌の奥の真皮にまで侵入してしまうのです。

紫外線が肌の大敵であるワケ

それでは、その紫外線が肌に起こす影響とはどんなものなのでしょうか。先ほどお伝えした、肌に入ってくる2種類の紫外線にスポットをあててみます。

●UVB
太陽から地表に届く量としては全体の10%と、とても少ないのですがそのエネルギーは非常に高く肌への影響は大きいです。少しの時間でも直接当たっていると日焼けをしてしまい肌が赤く炎症を起こしてしまうほど。

そして色素沈着などを起こし肌を黒くしてしまうだけでなく、後にシミやシワの原因を作ってしまいます。

●UVA
上述したUVBとは少し違い、肌に急激な影響を与える作用は低いUVA。しかし、太陽から地表へ届く紫外線の90%にもなり、肌の奥の真皮にまで侵入し、肌に蓄積的な障害を与えていきます。

皮膚の下でメラニンと合成し、肌を黒くしているのもこのUVAの影響です。

紫外線を浴び続けるとどうなるの

少しの量の紫外線を浴びることが、すぐに身体へ影響を及ぼすことはありません。ですが、大量の紫外線を予防することなく浴び続けてしまったら、どんな結果になるのでしょう。

一般的な症状としてはもう知っている人も多いと思いますが、シミやそばかす、しわや弾力の低下など肌の老化です。そして、最悪の場合皮膚がんを発症してしまうこともあります。

紫外線を浴びて肌が赤くなってしまう人や、すぐに黒くなってしまう人など、人によって影響はさまざまです。その中でも“すぐに赤くなり、あまり黒くならない”という人は特に紫外線のダメージが大きいといわれています。

肌の老化の原因の80%が紫外線ともいわれているように、肌への影響が今は目に見えていなくても、蓄積されている段階なのかもしれません。ぜひとも、しっかりと予防して欲しいと思います。

誰にでもできる紫外線対策

02

紫外線が肌に大きな影響を与えることは分かりましたが、それでは紫外線から身体を守るためにはどうすればいいのでしょう。今日からでも日常生活で無理なくできる紫外線対策を下にまとめてみました。

食生活で身体の中から紫外線対策

まずは、リコピンでシミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制しましょう。
リコピンが多く含まれるのは
・トマト(特に加熱すると増加します)
・スイカ
・グレープフルーツ
・柿
などです。

そしてビタミン、ミネラルでシミやそばかすを予防し、肌の老化や肌荒れを防ぎます。

特に高い効果が得られるものとしては
・みかん
・いちご
・かぼちゃ
・さつまいも
・にんじん
・ブロッコリー
などの果物や緑黄色野菜です。

次に、オメガ3脂肪酸を多く含む魚を食べることで肌を紫外線から守ります。

オメガ3脂肪酸を特に多く含むのは
・鮭
・ニシン
・サバ
・マス
・イワシ
などの冷水魚です。魚が苦手な人はサプリメントなどで摂ることも可能です。

簡単に手に入れられるものばかりなので是非毎日の食事に取り入れて、紫外線をしっかりと予防しましょう。

一方で、どの食品も紫外線対策には高い効果を発揮するものではありますが、食べ過ぎ・摂り過ぎは栄養が偏ることもあります。その辺は、注意してくださいね!

毎日の日課にしたい3つの紫外線対策

1.日焼け止めは必須

実は外に出ない日でも、家にいるだけで紫外線を浴びていることがあります。そういう意味でも、毎日欠かさず日焼け止めを塗るように心がけましょう。

最近では化粧の下地やファンデーションにも含まれているものがたくさんあります。日焼け止めプラス化粧でダブルの紫外線対策をすれば効果も抜群です。

2.帽子で頭皮からの紫外線吸収を予防

頭は髪の毛で守られているから大丈夫、と思っている人も多いですが、実は紫外線は頭皮にも大きなダメージを与えているのです。結果、頭皮が茶色く焼けたり、髪の毛が弱くなって抜け毛切れ毛の原因となってしまいます。

外へ出るときは帽子をかぶって頭皮を守るようにしましょう。

3.サングラスで目を守る必需品

紫外線から守るのは肌だけではありません。実は目にも紫外線はよくないのです。少しの時間であれば問題ありませんが、長時間紫外線を浴びることを繰り返すと目の病気を発症する可能性が高まるといわれています。

ここで知っておきたいのが、よく濃い色のサングラスのほうが紫外線対策に向いていると思っている人が多いのですが、実は色は無関係。大切なのはレンズにUV加工がされているかどうかです。

今後のサングラスを選ぶ際にはUV加工に注目してください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。一説では、太陽から発せられる紫外線を地球から守ってくれているオゾン層が破壊されつつある、といわれています。それだけに、紫外線対策は、より不可欠なものになっているのです。

今回ここで紹介した対策は日常生活に取り入れやすいものばかり。今からでも遅くありません、ちょっとした気づかいでお肌の老化現象にストップをかけましょう!

0

お知らせ

  • お知らせはございません。