フコイダンとフコキサンチンの通販TOP > 大石先生の記事 > 休息だけでは疲労は回復しない?

休息だけでは疲労は回復しない?

疲労やだるさ(倦怠感)を解消するというと、誰もが思い浮かべるのは休養、休息だと思います。
誰もが疲れていつの間にか寝てしまったという記憶があるかと思います。
誰もが考えるように、休養は疲労回復に対して間違いなく効果を表します。

しかし、休息だけではなかなか疲れが取れないという経験を持たれている方もまた多くおいでになることでしょう。
疲労や倦怠感の回復には、休息以外にも必要なポイントがあるのです。

なぜ休息しても疲れが取れないのか?

誰もがひとくちに疲労と言いますが、疲労には種類があります。
脳の疲労と、それ以外の疲労です。

脳が疲れているのに、体だけを休めても脳を休めてあげなければ疲れは取れません。
逆もまた然りです。

また、同じ疲労であっても、活動を行いすぎたから(頑張りすぎたから)起こる疲労と、病気によって引き起こされる疲労というものがあります。

このように、ひとくちに疲労と言っても様々な側面があり、これらが複雑に関係していることも珍しくありません。

休息をしても疲労が回復しない事があるのはこの様な理由があるのです。

どうやって疲労を回復させるのか

様々な原因によって引き起こされる疲労ですが、病気が原因で引き起こされる疲労でなければ、幾つかのポイントを抑えることで対応することが可能です。

大きなポイントが、運動と栄養と休養のバランスをとる事です。
もうひとつのポイントは、肝臓を大事にすることです。

疲労は、様々な物質が蓄積することで起こります。
これらを疲労物質と総称することがありますが、これらを分解したり排泄したりすることで、疲労を回復することが出来るのです。

疲労物質を分解するという側面から見ると、もっとも重要なのは肝臓です。
肝臓は、体内の様々な物質を分解する働きを持っています。
例えば、薬を飲みすぎて肝臓を悪くした、お酒を飲みすぎて肝臓を悪くしたと言う話を聞くことがありますが、これは肝臓を無理に働かせすぎたことが原因です。

肝臓を壊してしまえば、疲労物質を分解することが出来ませんので、日常生活を送っているだけで疲労が蓄積することになります。

運動

適度な運動は血液の循環を良くし、からだに溜まった老廃物を排泄する手助けをします。
また、血流が良くなり呼吸も活発になる事から脳の活動が活発になります。
交感神経と副交感神経のバランスが取れる事で、ストレスが軽減されます。

このように運動は、脳の疲労にもそれ以外の疲労にも効果をもたらします。

栄養

老廃物を分解する為には多くのエネルギーや血液を必要とします。
その材料である食事(栄養) が不足してしまうと、肝臓は十分な力を発揮出来ません。
また、アミノ酸は肝臓の回復(再生)に大きな役割を持っています。
例えば「牡蠣」は肝臓にとって非常に 良い食材で、肝臓に必要な成分の多くを含みますので、お勧めの食材です。

休養

肝臓は人間のからだの中で最も大きな臓器です。その為、大量の血液が必要となります。活動中は様々な部分で血液が必要とされますが、休養中は肝臓に血液を回す事が出来ます。
このため、休養、特に就寝中は肝臓は大活躍することが出来ます。

バランスをとるお勧めの方法

運動、栄養、休養のバランスを取る為におすすめする方法が下の6つです。

脳にもそれ以外の疲労にも有効

・規則正しい生活を送る:
神経のバランスを取りストレスを改善します。
しっかり休養が取れます。

・お風呂でリフレッシュする
ストレスが改善されます。
血行が良くなり、老廃物排泄の手助けをします。

・栄養のバランスがとれた食事をする
肝臓が働くための栄養や、肝臓を回復・再生するのに必要な栄養を補給します。

・軽い運動をする
神経のバランスを取りストレスを改善します。
血行が良くなり、老廃物排泄の手助けをします。

脳の疲労に有効

・気分転換に旅行してみる
気分をリフレッシュしてストレスが改善されます。

・毎日少なくとも30分は自分の為の時間を持つ
気分をリフレッシュしてストレスが改善されます。

上手に取り入れて、是非とも元気な毎日の手助けにしてください。


よくわかるフコイダン入門
0

お知らせ

  • お知らせはございません。