大石一二三博士の研究の歩み

hattori1
  • oishi1
  • oishi2
  • oishi3

主席開発責任者
大石 一二三

発表論文

  1. 01牛乳由来乳化作用をもつタンパク質の特性とその応用
  2. 02磁器ビーズ固定化交代を用いた微生物?(大腸菌群)?の迅速検定法の開発
  3. 03牛乳中の血清アルブミン除去法の開発
  4. 04免疫卵によるヘリコバクター・ピロリ感染関連疾患の抑制
  5. 05アルコール性肝傷害の予防とADH?キュウリ由来アルコールデヒドロゲナーゼによる飲酒関連傷害の予防
  6. 06I型アレルギー対応食品の開発
  7. 07酒粕抽出物によるストレプトソトイン誘導性糖尿病の予防効果
  8. 08卵白由来ペプタイド性ビフィズス菌増殖促進物質
  9. 09アミラーゼインヒビター及びリパーゼインヒビターのダイエット機能特性
  10. 10食餌性資質に起因する病因を抑制する小麦の特異的成分の解析とその高度利用
  11. 11牛乳中の機能蛋白質
  12. 12小麦由来α-?アミラーゼ阻害物質の抗肥満作用
  13. 13低アレルゲン牛乳の開発に関するアプローチ
  14. 14ドリンクス科学?ケフィアとその生理作用
  15. 15鶏卵卵白オボムチン由来シアロ糖蛋白質の腫よう細胞傷害作用
  16. 16ヒト骨原発悪性線維性組織球種由来細胞株NMSG10細胞膜におけるhyaluronic?acidの合成
  17. 17ヒト骨原発悪性線維性組織球種由来細胞株NMSG10の樹立とその性状
  18. 18ヒト骨原発悪性線維性組織球種由来細胞株NMSG10産生Glycosaminoglycanの解析
  19. 19ケフィア粒由来物質の生理活性
  20. 20Kefir粒の微生物と粘性多糖類
  21. 21牛乳溶液とジャガイモ組織に存在する金属イオンの交換相互作用
  22. 22加熱中におけるチーズペプチドの分子ふるい的透過性
  23. 23食品の調理加工におけるバニラフレーバーの研究VIII各種成分の混合と競合によるバニラ成分の浸透効果
  24. 24ガラクトシルトランスフェラーゼのαカゼイン吸着
  25. 25α-カゼインの諸性状におよぼすシアル酸残基の影響
  26. 26食品の調理加工におけるバニラフレーバーの研究VIIバニラ成分によるかっ変化の促進と阻害
  27. 27ミルク食品におけるミネラルの理化学的特性に関する研究?V?還元乳製造時における金属イオンの乳成分に対する結合性
  28. 28α-Caseinのガラクトシルトランスフェラーゼよう活性
  29. 29Streptococcus lactis菌体内低温性プロテアーゼの分画と性状の検討

▲ページのTOPへ

発表論文・海外

  1. 01The content and distribution of glycosaminoglycans in the ejaculates ofnormal and vasectomized men. Androlgia. 28.145-149.1996.
  2. 02The glycosaminoglycan composition of human trachesea and the changes observed during aging and in disease, Clin. Chim. Acta,255, 179-185, 1994.
  3. 03Glycosaminoglycans of the hemodialysis-associated carpal synovial amyloid and of amyloid-rich tissues and fibrils of heart, liver, and spleen. Clin. Chim., 36,88-91.1990.
  4. 04The carbohydrate composition of human serum amyloid P component. Clin. Chim. Acta, 173, 331-335,1998.
  5. 05Glycosaminoglycan content in neonatal rat aortic smooth muscle cell cultures. Atherosclerosis, 69, 61-68, 1998
  6. 06Myocardial Chondroitin sulfats D and E in a case of acute carbon monoxide poisoning. Clin. Chim. Acta. 156. 157-163.1986.
  7. 07Hyaluronic acid synthesis by the malignant fibrous histiocytoma cell lineNMSG 10 in vitro and its localizatin. Pathobiology. 64. 67-72,1996.
  8. 08Establishment and characterization of a fibrous histiocytoma cell line (NMSG 10) derived from a malignant fibrous histiocytoma. Pathol. Res. Pract., 191.1231-1238.1995.
  9. 09Establishment and characterization of NMSG 10 cells from malignant fibrous histiocytoma in human bones. Nippon Ika Daigaku Zasshi. 57.524-530.1990.
  10. 10Wheat flour lipase inhibitor decreases serum lipid leavels in male rat. J. Nutr. Sci. Vitaminol., 41. 699-706.1995.
  11. 11Identification and partial purification of a basic fibroblast growth factor-like growth factor derived from bovine colostrum. J. Dairy Sci., 80.488-495.1997.
  12. 12Proteoglycans in senile dementia of Alzheimer’s type.Nippon Ronen Igakkai Zasshi. 34.461-467.1997.
  13. 13Repression of acute gastric mucosal lesions by antioxidant-containing fraction from fermented products of okara (bean-curd residue).J. Nutr. Sci Vitaminol. 42.167-172.1996.
  14. 14Kinetics studies of a wheat-derived lipase inhibitor. J. Agric. Food Chem.,43.2796-2797.1995.
  15. 15Purification and characterization of proteinous inhibitpr of lipase from wheat flour. J. Agric. Food Chem., 42 .2382-2385.1994.
  16. 16Locarization of basic fibroblast growth factor in bovine colostral cream.Anim. Sci. Technol., 68,832-837.1997.
  17. 17Identification of heparin-binding growth factor isolated from bovinecolostral fat glouble membrane. Milchwissenschaft, 52. 508-510.1997.
  18. 18Purification and characterization of a low molecular mass cysteyne proteinase inhibitor from bovine colostrums. Lebensm. Wiss. Technol.,28. 495-500.1995.
  19. 19Characterization of the high and low molecular mass cysteine proteinase inhibitors from bovine colostrums. Lebensm. Wiss. Technol.,28. 462-466.1995.
  20. 20The effect of antioxidant-containing fraction from fermented soybean food on atherosclerosis development in cholesterol-fed rabbits. Lebensm. Wiss. Technol.,29. 751-755.1996.
  21. 21Effect of oral administration of crude antioxidant preparation from fermented products of okara on experimentally induced inflammation. Lebensm. Wiss.Technol., 29.304-309.,1996.
  22. 22Beneficial effect of crude antioxidant preparation from fermented soybean food on xanthineoxidase-hypoxanthine-induced foot-edema inrats. Lebensm. Wiss. Technol., 28.169-173.1995
  23. 23Antioxidative effect of crude antioxidant preparation from soybean fermented by bacillus natto. Lebensm. Wiss. Technol., 28. 169-173.1995.
  24. 24Morphological observations on antitumor activities of 70kDa fragmentin α-subunit from pronase-treated ovomucin in a double grafted tumorsystem. Food Sci. Technol.Res.,6. 179-185.2000.
  25. 25Antitumor effects of βsubunit from egg white ovomucin on xenografted sarcoma-180 cells in mice. Food Sci. Technol. Res., 5,279-283.1999.
  26. 26In Vitro studies of cytotoxic effect on sarcoma-180 cells of β subunitfrom egg white ovomucin. Food Sci. Technol. Res., 5,273-278.1999.
  27. 27Inhibition of Helicobactor pylori infection by orally administered yolk-derived anti-Helicobactor oylori antibody. Hepato-Gastroenterology, 2003(inpress).
  28. 28Interaction between 120kDa fragment in β subunit from egg white ovomucin and sarcoma-180 cells through basic fibroblast growth factor receptor.Food Sci.Technol.
  29. 29Impact of LKM512 yoguruto on improvement of intestinal enviroment of the elderly. FEMS Immunology and Medical Microbioligy.31.181-186.2001.
  30. 30Adhesive property of bifidobacterium lactis LKMN512 and predominant bacteria of intestinal microflora to human intestinal mucin. Current Microbiology.44.212-215.2002.

▲ページのTOPへ

特許

  1. 01リパーゼインヒビターの製造法、特開平04-321700
  2. 02高脂血症や肥満の治療及び予防法、特開平04-327536
  3. 03アフィニティークロマトグラフィーによる牛乳β-ラクトグロブリンの単離方法、特開平05-247096
  4. 04β-ラクトグブリン除去牛乳の製造法及びβ-ラクトグロブリンの製造法、特開平06-62733
  5. 05穀類由来蛋白質性リパーゼ阻害物質の簡易精製法、特開平06-345800
  6. 06牛乳由来セリンプロテアーゼインヒビター及びその製造法、特開平07-82296
  7. 07小麦粉由来リパーゼインヒビター、特開平07-330794
  8. 08牛乳中の牛血清アルブミンの除去法、特開平08-9881
  9. 09健康食品、特開平08-38047
  10. 10乳由来線維芽細胞増殖因子、特開平08-119867
  11. 11美肌剤、特開平08-133943
  12. 12採卵鳥類の免疫感作法、特開平09-87184
  13. 13飲酒傷害の予防、特開平09-871991
  14. 14発癌予防剤、特開平09-110711
  15. 15クロロフィラーゼ活性阻害物質、特開平09-136898
  16. 16抗アレルギー性物質、特開平09-143090
  17. 172価金属イオンの可溶化法、特開平09-173018
  18. 18アレルギー疾患の治療及び予防剤並びにアレルギー疾患の治療及び予防法、特開平10-72362
  19. 19凝固状態の安定した調理玉子食品を作成する方法、特開平11-46727
  20. 20チロシナーゼ活性阻害組成物とチロシナーゼ活性阻害剤と美白美容液と美白浴溶剤、特開平11-79934
  21. 21ヘリコバクター・ピロリの抗菌と感染関連疾患の予防及び治療剤、特開平11-80197
  22. 22食餌性アレルゲン物質の免疫検査法、特開平11-142403
  23. 23卵白由来ビフィズス菌増殖促進物質と当該物質を含有する食品特開平2000-93166酵母増殖促進物質、特開2000-157259

▲ページのTOPへ

※本ページに記載の論文や特許の権利は、必ずしも大石一二三個人に帰属することを表すものではありません。
あくまでも、研究の歩みを振り返るために記載したものです。

  • 主席開発責任者

    大石 一二三Dr. Hifumi Oishi

    1951年3月9日生まれ
    獣医学博士
    ボストン大学にてムコ多糖を専門に研究するなかで、病理学に傾倒する。
    現在は、ハイドロックス株式会社の主席開発責任者として、人の健康と食品素材の関係を中心に研究開発を行っている。

    大石博士の思い大石一二三博士の研究の歩み

  • ハイドロックス飯能研究所 所長

    谷 久典 博士Dr. Hisanori Tani

    1962年8月25日生まれ
    農学博士
    食品素材の研究が専門。食品素材を利用した研究にて学会発表を多数行っている。
    現在は、ハイドロックス株式会社にて品質管理を行う傍ら、人の健康と食品素材を研究している。

    谷久典博士の思い谷久典博士の研究の歩み

  • 技術開発部門部長

    服部 隆史 博士Dr. Takashi Hattori

    1961年12月1日生まれ
    農学博士
    素材開発を中心にした研究が専門で、食品素材を利用した研究論文を多数発表する。
    現在は、ハイドロックス株式会社にて技術開発を中心に、人の健康と食品素材を研究している。

    服部隆史博士の思い服部隆史博士の研究の歩み


よくわかるフコイダン入門
0

お知らせ

  • お知らせはございません。