服部隆史博士の研究の歩み

hattori1
  • hattori1
  • hattori2
  • hattori3
  • hattori4
  • hattori5
  • hattori6

ハイドロックス飯能研究所 技術開発部門部長
服部隆史

  • 生年月日:1961年12月1日
  • 1986年3 月 玉川大学 農学部 博士課程前期修了
  • 1986年3月 農学博士号取得
  • 2007年4月 ハイドロックス株式会社 飯能研究所 技術開発部門部長就任
  • 2013年3月 ハイドロックス株式会社 代表取締役就任
  • 研究開発陣より
  • 服部隆史博士:研究への思い

発表論文・海外

  1. 01ラットCroton oil 足蹠急性炎症モデルにおけるNTX(抗酸化物質)の炎症作用ビタミンE研究の進歩2 200-206
  2. 02Antioxidative Effect of Crude Antioxidant Preparation from SoybeanFermented by Bacillus natto Food Science & Technology, 28, 135-138
  3. 03Beneficial Effect of Crude Antioxidant Preparation from FermentedSoybeanFood on Xanthine Oxidase-Hypoxanthine-Induced Foot-Edema in Rats Food Science & Technology, 28, 169-173
  4. 04Repression fo Acute Gastric Mucosal Lesions By Antioxidant-Containing Fraction from Fermented Products
    of Okara J. Nutr. Sci.Vitaminol., 42, 167-172,
  5. 05Effect of Oral Administration of Crude Antioxidant Preparationfrom Fermented Products of Okara (Bean Curd Residue) onExperimentally Induced Inflammation Food Science & Technology,29, 304-309
  6. 06The Effect of Antioxidant-containing Fraction from Fermented Soybean Food on Atherosclerosis Development in Cholesterol-fedRabbits Food Science & Technology, 29, 751-755

▲ページのTOPへ

特許

  1. 01非特異的フリーラジカルスカベンジャーおよびその製造法
  2. 02皮膚疾患の治療及び予防剤
  3. 03大豆発酵物由来抗酸化物質
  4. 04大豆発酵物由来抗酸化物質による畜肉の肉質改良及び鮮度保持法
  5. 05タバコ煙からのフリーラジカルの除去法
  6. 06動脈硬化予防食品1~6オリエンタルバイオ社へ権利譲渡済み
  7. 07飲酒障害の予防方法
  8. 08モロヘイヤ粘性多糖体の製造法
  9. 09乳化力の強い乳画分の製造法及びその画分を用いた製品
  10. 10大豆由来アミラーゼインヒビター及びその製造法
  11. 11小麦由来アミラーゼインヒビター及びその製造法
  12. 12高脂血症や肥満の治療及び予防法
  13. 13リパーゼインヒビターの製造法
  14. 14凝固状態の安定した調理卵食品を制作する方法
  15. 15乳及び乳製品の加熱変性防止法
  16. 16臓器移植後の慢性拒絶反応の検査法(他社との共願→委譲済み)
  17. 17植物由来のモノアミンオキシダーゼ阻害剤を含む、節煙促進剤
  18. 18ビフィズス菌増殖因子の製造法とそれを含有する食品ならびに医薬品

▲ページのTOPへ

※本ページに記載の論文や特許の権利は、必ずしも服部隆史個人に帰属することを表すものではありません。
あくまでも、研究の歩みを振り返るために記載したものです。

  • 主席開発責任者

    大石 一二三Dr. Hifumi Oishi

    1951年3月9日生まれ
    獣医学博士
    ボストン大学にてムコ多糖を専門に研究するなかで、病理学に傾倒する。
    現在は、ハイドロックス株式会社の主席開発責任者として、人の健康と食品素材の関係を中心に研究開発を行っている。

    大石博士の思い大石一二三博士の研究の歩み

  • ハイドロックス飯能研究所 所長

    谷 久典 博士Dr. Hisanori Tani

    1962年8月25日生まれ
    農学博士
    食品素材の研究が専門。食品素材を利用した研究にて学会発表を多数行っている。
    現在は、ハイドロックス株式会社にて品質管理を行う傍ら、人の健康と食品素材を研究している。

    谷久典博士の思い谷久典博士の研究の歩み

  • 技術開発部門部長

    服部 隆史 博士Dr. Takashi Hattori

    1961年12月1日生まれ
    農学博士
    素材開発を中心にした研究が専門で、食品素材を利用した研究論文を多数発表する。
    現在は、ハイドロックス株式会社にて技術開発を中心に、人の健康と食品素材を研究している。

    服部隆史博士の思い服部隆史博士の研究の歩み


よくわかるフコイダン入門
0

お知らせ

  • お知らせはございません。