image_e3

服部隆史博士:研究への思い

hattori1
  • hattori1
  • hattori2
  • hattori3
  • hattori4
  • hattori5
  • hattori6

ハイドロックス飯能研究所 技術開発部門部長
服部隆史

健康産業はすでに我が国の主要産業の一つにされるほど、重要な物であります。我が国の統計では1/3の人が何らかのアレルギー疾患を経験しており、糖尿病では4人に1人がその因子をもつとされています。

従って積極的な健康維持、または予防医学の重要性が叫ばれるようになってきたことは、現代社会における自然な流れと言えます。

日本人の寿命は男性79.1歳、女性85.9歳と世界でもトップクラスを維持しています。その反面、死亡の3大原因は心疾患、脳血管疾患、悪性新生物であり、これらの病気は生活習慣がもととなる為、昨今では「メタボリックシンドロームの予防」など、国をあげての健康維持が推進されています。

健康情報の入手はコンピューターの発達により容易となりました。しかし、その一方で受け手にこれを精査する知識が要求されています。私たちは責任ある発信者として、より良い情報の提供に心がけたいと考えます。

WHO(世界保健機構)では、多面的、全体論的で社会を意識した健康の定義を「身体的、精神的、および社会的に完全に良好な状態であり、単に疾病がない、または虚弱でないということではない」との考え方をすすめております。

健康に携わる者として、日々、一人でも多くの方がより快く社会生活を送れるように、知識、技術を惜しみなく製品につぎ込み、発信したいと考えます。

2012年1月10日 ハイドロックス株式会社 技術開発部門 部長
服部 隆史

▲ページのTOPへ

  • 主席開発責任者

    大石 一二三Dr. Hifumi Oishi

    1951年3月9日生まれ
    獣医学博士
    ボストン大学にてムコ多糖を専門に研究するなかで、病理学に傾倒する。
    現在は、ハイドロックス株式会社の主席開発責任者として、人の健康と食品素材の関係を中心に研究開発を行っている。

    大石博士の思い大石一二三博士の研究の歩み

  • ハイドロックス飯能研究所 所長

    谷 久典 博士Dr. Hisanori Tani

    1962年8月25日生まれ
    農学博士
    食品素材の研究が専門。食品素材を利用した研究にて学会発表を多数行っている。
    現在は、ハイドロックス株式会社にて品質管理を行う傍ら、人の健康と食品素材を研究している。

    谷久典博士の思い谷久典博士の研究の歩み

  • 技術開発部門部長

    服部 隆史 博士Dr. Takashi Hattori

    1961年12月1日生まれ
    農学博士
    素材開発を中心にした研究が専門で、食品素材を利用した研究論文を多数発表する。
    現在は、ハイドロックス株式会社にて技術開発を中心に、人の健康と食品素材を研究している。

    服部隆史博士の思い服部隆史博士の研究の歩み


よくわかるフコイダン入門
0

お知らせ

  • お知らせはございません。